口臭治療審美歯科の松尾歯科医院です。 見た目だけの美しさでは満足できない方へ、自信を持ってお友達とおしゃべりをしたりコミュニケーションがとれるようにお手伝いができればと、当院では 最高の歯科医療サービスで、健康で快適な生活、心豊かで美しいライフスタイルの提案をいたします。

口臭治療と審美歯科の
松尾歯科医院
長崎市松山町4-45 Tel / Fax 095-843-6364



インフォメーション

口臭外来

審美歯科

インプラント

その他の診療情報

トピックス

お問い合わせ

お口の相談室

診療予約

料金表

アクセス

トップページ

 


歯周病と全身の関係

心疾患  糖尿病  呼吸器系疾患  未熟児早産  口の健康  

心疾患

重篤な歯周疾患に罹患している患者は、心筋梗塞のリスクが高いことが 明らかになっている。歯周病に罹患していない患者とべ、血中のCRP (C活性型タンパク質)が高い傾向があるからだ。  CRPは、肺炎球菌細胞壁のC多糖体とCaイオンの存在下で沈降する 血清蛋白。心筋梗塞のような組織崩壊性疾患の急性期には肝臓で産生され、 吸息に血中に増加し、比較的速やかに消失する。特に心筋梗塞発症と CRPレベル上昇に関する報告は多い。高濃度のCRPが心筋梗塞の 原因である血栓形成を修飾していることが明らかになり、CRPと 心筋梗塞がクローズアップされている。  また別の説では、歯周病病原菌が炎症を起こし脆弱になった歯肉から 血中に入り込み、心臓に栄養を送る冠状動脈中に血栓をつくる可能性が あるとしている。  この他、歯周疾患で引き起こされた炎症による炎症性化学物質が血栓を つくり易くするとの説もある。いずれにせよ、健常者に比べ歯周病罹患者の 冠状動脈疾患発症率は2倍だという。  さらに、歯周疾患はすでに心疾患患者の状態も悪化させる。細菌性心内膜炎の 危険性が高い患者は、歯科治療に先立って、抗生物質の予防投与が必要と なるだろう。歯科治療に際して予防投薬が必要であるかは、歯周病専門医や 心臓専門医の判断による。

上に戻る

糖尿病

 糖尿病患者は、統計的に歯周疾患を既往している率が高く、糖尿病併発症と して歯周疾患は6番目に位置付けられているなど、糖尿病が歯周疾患の リスクファクターであることはよく知られているが、歯周疾患が糖尿病の リスクファクターとなり得ることがわかってきている。  歯周疾患により、細菌が血流を通して体内へ侵入する可能性があるが、 そのような細菌に対して免疫細胞が活性化し、炎症性の生物活性物質・ サイトカインが放出される。このサイトカインは体全体を蝕む威力があり、 慢性で高濃度の状態が続くと、膵臓のインシュリン分泌細胞がダメージを 受けたり、破壊される恐れがある。これにより、U型の糖尿病が惹起される という。  また、重度の歯周疾患に罹患すると、血糖値が高まる。この状態は 糖尿病の高血糖と相まって、様々な併発症をおこす危険性を高める。 糖尿病患者が歯周疾患を併発していると、血糖値のコントロールがより 難しいようだ。歯周疾患の感染が改善されると、糖尿病の管理も良好に なるという。よって、糖尿病患者は特に、歯周疾患治療に積極的に 当たる必要がある。

上に戻る

呼吸器系疾患

細菌性の呼吸器系感染症は、口腔内や気管の水分を肺に取り込むことで 生じると考えられている。これらの水分には細菌が含まれ,肺の中で増殖し、 ダメージを与える。のどの細菌や口腔内の細菌が深部肺胞で検出されたとの 報告もある。特に慢性閉鎖性呼吸器疾患(COPD)の患者は、病気に対する 抵抗力が弱まっており、肺に入り込んだ細菌を除く事が難しい。 しかし口腔清掃をしっかり行う事で、果たして疾患の悪化が食い止められるのか 歯周疾患がCOPDの発作と関わっているのか、に関しては現在研究中。

上に戻る

未熟児早産

妊婦の歯周病が原因となり、未熟児出産や早産が起こりやすくなる。 歯周疾患を既往している妊婦の早産・未熟児出産の確率は、健常者と 比較して7倍だ。 なぜ歯周疾患が妊婦に関わるかについては、さらに研究が必要。しかし、 今のところ歯周炎が引き金となって陣痛に関わる化学物質の濃度が増加する 可能性が指摘されている。また、妊婦期間に歯周状態が悪化した女性も、 やはり早産の危険性が高まるようだ。 あらゆる感性性疾患は、妊婦には大敵。新生児の健康状態に関わるからだ。

上に戻る

口の健康

歯周病が全身に及ぼす影響について述べてきたが、ここで、歯周病 スクリーニングテストをお勧めしたい。特に妊婦など来院する患者にも 是非試してほしい。すでになにか口の中が変だと感じており、次に 示す事項に該当するものがある場合は、歯科医院で一歩踏み込んだ 精密検査が必要。
・歯周病に関して何らかの自覚症状がある。
・現在すでに心疾患や糖尿病、呼吸器系疾患や骨粗しょう症に罹患している。
・妊娠しているかもしれない。
・近親者に歯周病罹患者がいる(歯周病病原菌は唾液を通して感染するので、  唾液が接しやすい子供や配偶者との日常生活は、口が健康な家族と比較して  罹患の危険性が増)。
・口の中に二週間程度経過しても治らないや、刺激に敏感な粘膜病変がある。

上に戻る


トピックスに戻る

その他の診療情報に戻る

 

インフォメーション 口臭外来 審美歯科 インプラント その他の診療情報 トピックス お問い合わせ お口の相談室 診療予約 アクセス トップページ